×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

穢れた君こそ価値がある。     2007/09/28
悲痛の叫びを上げる君は

キレイ

傷ついた羽根は

深紅の血を纏い

さらに輝いて見えた

もっと傷ついて

僕の手によって

さらに穢れを知って

僕だけのキレイを

手に入れて
二つの涙。     2007/09/28
なかないで

泣かないで

君が泣いたら
僕まで泣いてしまう
本当に涙をこぼしてしまう

だから

お願いだから


泣かないで
色彩。     2007/09/18
街には私を彩る
モノがある
そこへ行きたがらない私は
色が欲しくないのだろうか?
それとも、色が付く事が嫌なのか?
染まる事が怖いのか?

チガウ、ただ…。

色を変えることよりも
重ねる事よりも
ねかせる事を覚えたんだ。

次第に色はくすみ
新鮮味がなくなった

味となるであろう色は存在しなかった
作る事が出来なかった

ただ、ただ、日々を過ごすだけでは
腐るだけなのだと
色は訴えた
不変。     2007/09/09
変わらないものなどないと思ってた。
けれど、目まぐるしく変わる町並み。
人間。
それらに恐怖する。
絶対だと思っていたものまで壊されそうで。
変わっていきそうで。
記憶という名の宝まで無くなってしまいそうで。
怖い。
永遠を望む。
目に見える形で。
寸前回路。     2007/08/05
死を前にして
いつも
恐怖心だけ
生きたいなんて
思わないのに
留まってしまう
ずるい、あたし
望みの声。     2007/08/03
声を聞いてあげるよ
大切な君の望み
いつかは聞こえなくなるとか
そんなのどうでもいい
僕が、聞いていたいんだ
君の最後の望みを
天使祝詞。     2007/08/03
死ぬことが前提なら
僕は潔く死んでやろう
キミの目の前で

死ぬことは恐くなかった
キミがいるとわかっている
場所に行けるとしたら
本望かもしれない
物語。     2007/07/25
その物語から聞こえた声は
遠くへ響かせるような綺麗で透明な声だった
しかし、読み終わってみれば
その透明で綺麗な声は
霞んで聞こえなくなった
もうあの感覚は2度と味わえないだろう
無声。     2007/07/07
声を貸して

貴方の声を

私の声はなくなった

誰にも届くことはない

だから貸して

大好きな貴方の声を
過去。     2007/06/20
今のあたしは振り返ってばかりだ。
後悔して、懺悔して。
そればかりだ。
前に進んでいない。
捉われ過ぎているのはわかっている。
でも、止められないんだ。